アロマセラピーの注意事項

現在、日本で行われているアロマセラピーは代替療法(補完療法)として位置づけされていて、病院で行われているもの以外は医療ではありません。精油もお薬ではなく雑貨です。
販売されているほとんどの精油は、香りを楽しむことやリラクゼーションを想定して販売されていますので、それ以外の使い方をする場合は自己責任となります。
精油選びや使用する濃度は、アロマセラピーのテキストなどを参照することをお薦めします。特に、妊娠中、高血圧、てんかん、鬱症状等の症状・状態別に、避けた方がよい精油の一覧表が経験に基づいて作成されていますので参考にされるとよいでしょう。
また、「薬は嫌いだから精油でなんとかしたい・・・。」という声をよく聞きますが、精油で何でも治ると考えるのは危険です。何らかの不調をかかえて通院されている場合は、お医者様と相談の上、アロマセラピーを取り入れることをお薦めします。