アロマセラピーとは

アロマセラピーは植物の香り成分である精油を用いて、心身の健康を保つために行われる植物療法のひとつです。日本語では「芳香療法」と訳されています。
薬用植物を使った療法は古くから行われていましたが、20世紀になってからフランスのルネ・モーリス・ガットフォセ氏が「アロマテラピー」という言葉を作りました。これが英語では「アロマセラピー」となります。
精油は心にも体にも作用することが様々な実験で明らかになっていますので、その活用方法は多岐にわたります。
気分をリフレッシュさせるために室内で香りを拡散させたり、体液やリンパ液の流れを促すためのアロママッサージを行ったり、また、病院で医師や看護士が患者さんの心身のケアのために精油を使うこともあります。
ストレスが多い現代社会。心身を総合的にとらえるホリスティックな考え方に基づくアロマセラピーを活用することが注目されています。
aromaromaで行うアロマセラピーは、心身の状態に合った精油の作用と心地よいハンドタッチの効果で、お疲れを癒すことを目指しています。